「ことば」って素晴らしい!Languages can open up your world!

言語力と4Cを大切にします

最近は岡山市でも低年齢から英語を習う子どもたちが多くなりました。また、現在ではあえて通塾せずとも、家庭で利用できるたくさんの英語教材があり、英語学習は身近なものになりました。小学校でもあまり抵抗を感じることなく、みんな英語でやり取りをしているようですね。ところが、そんな小学生たちも中学生になり英語が教科になるとテストで躓いてしまう子が出てきます。間違いの多くは日本語で書いてある問題文の理解不足だったり、勘違いだったり…。帰国子女や、両親のどちらかが英語ネイティブで英語は先生より流暢なのに、高校や大学入試の英語、特に和訳で苦しむ子もいます。日本では、今のところ英語だけができても評価してもらえません。国公立大二次試験や私大入試には和訳・要約問題が必ずあります。やはり日本では国語力があってこそ、その英語力が大きな意味を持つのです。中高生クラスでは日本語での文法説明や和訳・要約など全般行います。

 

しかし2020年、大学入試が変わります。文科省が英語教育改革にあたり、国際英語指標であるCEFRを採用しました。長らく読解偏重だった大学入試が何と4技能のテスト(または3技能)に!まだ大学入試の『英語』の扱いは大学ごとに異なっているようですが、一つだけはっきり言えることは、文科省は英語力をCEFRで評価していくということ。つまり、目標は世界です!

 そして当教室では、英語に加えて世界の教育現場で注目されている21世紀を生き抜くために必要な4つのスキルを意識して、幸せで、自信に満ちた国際人育成を目指しています。

【4C】

■創造性とイノベーション(Creativity)
■批判的思考と問題解決(Critical thinking)
■コミュニケーション(Communication)
■コラボレーション(Collaboration)

 

実はケンブリッジ英検にはこのようなスキルにつながるタスクがたくさん盛り込まれています。

ケンブリッジ大学英語検定

ケンブリッジイングリッシュ

=4技能新大学入試と将来に最強の備え

 

教育のグローバル化を目指す日本

2020年以降、大学入試センター試験がなくなり、英語は4技能英語テストにまたは3技能テストに変わるといわれています。これを受けて、外部試験を入試に取り入れている大学は年々増加しています。CEFRのB1~B2レベルの英語検定資格があれば英語テストは免除という大学が増えています。

 

今からできることは何でしょうか?

 

当教室では、4技能検定の決定版であるケンブリッジ大学英語検定を軸に客観的な英語力の評価を行っています。日本英検の準会場でもありますが、世界中で通じる英語力を本当に伸ばせるのはケンブリッジ英検です。日本英検だけでは読解力は伸びても、話せる力、書く力が全くつきません。海外での日本国内でも、どの大学に持っていっても恥ずかしくない英検資格です。ケンブリッジ大学英語検定は文科省が導入しているCEFRに完全準拠しています。

(※CEFRはEUにケンブリッジ大学が協力して開発された英語力を6段階のレベルに分けて測る国際英語指標)

 

☆岡山でケンブリッジ英検が受けられます☆

週一回のレッスンで、実社会に通用する英語力をつけるのは簡単なことではありません。GSL英語教室は日本人講師の教室ですので、なるべく効果的に、国際社会に通用するカリキュラムを取り入れて進めるように努めています。イギリスケンブリッジ大学の英語学習カリキュラムを基本に、学校教育の英語や英検などもこなさなければならない日本の子どもたちに使いやすい教材を取り入れながらレッスンを行っています。

 

ケンブリッジ英検の検定名とレベル ケンブリッジ英検本会場
B2 First for School 岡山大安寺中等教育学校
B1 Preliminary / A2 Key for Schools 岡山就実中学校高等学校
ヤングラーナーズYLE(Pre A1 -A2) 岡山ノートルダム清心女子大学附属小学校

国際的な英語資格である『ケンブリッジ英語検定』が岡山市内で受けられるようになりました。

 

現在国内で受けられる唯一の全レベルCEFRに完全準拠した4技能(※)英語検定です。(※実用英検は3級からが4技能、しかしライティング以外はマークシート )他検定との比較はこちら

 

詳しくはお問い合わせください。